タブレット端末を選ぶ情報ガイド

プラスアルファの機能を備えたWi-Fi対応タブレット端末

次に紹介する2つは、プラスアルファの機能をもつタブレット端末です。

■携帯電話会社が発売する、Wi-Fi対応タブレット端末
こちらは、携帯電話会社が販売するS社製のタブレット端末ですが、意外にも3Gモデルではありません。
もちろん、Wi-Fiモバイルルーターと組み合わせれば、インターネットに接続は可能です。
1024×600ドット表示に対応する、7型液晶に、Android2.2を組み合わせています。
他のAndroid機とは違って、携帯電話会社独自のインターフェイスを使用しているので、柔らかいイメージの画面インターフェイスになっています。
また、クレードルが付属しているので、リビングに立てかけてフォトフレーム的にも使うことができます。
1W+1Wのステレオスピーカーの搭載されています。

■Windows7を搭載、PC用のデータや周辺機器が使えるタブレット端末
これは、OSに「Windows 7 Home Premium」を採用した、一風変わったタブレット端末です。
インターフェイスはWindowsそのものなので、操作に戸惑うことがありません。
当然Windows用のソフトも動作でき、USBポートなどを使って、PC用の周辺機器を利用できるといった点でも、かなりの優位性があります。
タッチパネル操作には、Windows7に採用される「Windowsタッチ」を使っていて、タブレット端末で一般的な画面の拡大や縮小はもちろん、ソフトウェアキーボードによる文字入力にも、対応しています。
スペック面をみると、記憶媒体はSSDを採用していたり、ほぼ、ネットブックといっていいほどのスペックです。